外貨預金より効率よく運用

外貨預金とは、日本円の代わりに、米ドルなどの外貨を銀行に預ける金融商品です。外貨預金の金利は、日本円による銀行預金よりも比較的高いので、ある程度高めの利子が得られるというメリットがあります。 このほかに、外貨預金では為替差益が得られるチャンスがあります。為替差益の仕組みは、外国為替証拠金取引と全く同じです。

ただ外貨預金の場合、銀行の営業時間内でないと外貨を円に換える、もしくは円を外貨に換えることができません。このため、外国為替証拠金取引のように通貨を機動的に交換することが難しいです。また外貨預金のうち、外貨定期預金の場合、定期期間が過ぎるまで解約することができません。
このため、仮に為替差益が発生しても、満期まで為替差益を確定することができません。
外貨預金では、通貨を交換する際に為替手数料が徴収されます。一般的には、1ドル当たり1円程度の手数料がかかります。このため、1ドル=110円のときに1万ドルの預金をする際には、110万円ではなく111万円必要となります。
 FXでは買気配と売気配の差、つまりスプレッドが外貨預金と比べて小さく投資に有利な条件が整っています。しかし、このスプレッドはFX会社によってことなるため、厳密に言えばどこでトレードをするかによって、利益にも差が生じてきます。スプレッドの小さいFX会社を比較して、有利な会社でFX口座を開設することが大切ですね。

Copyright (C) 2007-2013 サイト名. All Rights Reserved.