資金効率で大きな違い

株式とは、株主の権利を表すもので、株式に投資するとは、株式会社が発行した株式に資金を投資し、株主権を取得することを意味します。株式会社が上場している場合、株式の価格である株価は、毎日変動します。このため、株価の変動を利用してキャピタルゲインを得ることが可能となります。
株式を購入する代金は、対象となる会社によって異なりますが、通常は平均で50万円程度の資金が必要となります。一方、外国為替証拠金取引の場合、一定の証拠金を取扱会社に預けることで、証拠金の数倍の取引をすることができます。
また株式投資の場合、株式を「安い株価で買い、高い株価で売る」ことはできても、逆に「高い株価で売り、安い株価で買い戻す」ことは、現物株式投資ではできません(信用取引という仕組みを利用する必要があります)。一方、外国為替証拠金取引の場合、特別な仕組みを利用しなくても、「買ってから売る」、「売ってから買う」のどちらも実施することができます。

CFDならFX同様売り注文から入れる

 株式投資は安くなった銘柄(もしくは安い株価の銘柄)を買って、株価が高くなったら売って利益を得るのですが、CFDを利用すればFX同様売り注文からポジションを建てることができます。
 CFDは、世界の株式銘柄や株価指数と連動した銘柄を売買する投資商品で、FXのように売りから入ることができます。
 とくに世界の主要株式市場の株価指数は、FXの取引対象となる通貨ペアよりも値動きが荒い特徴があり、米ドル円と比べて3倍以上の値動きをするのは当たり前。
 その上、CFDはレバレッジを活用した取引ができるので、FX以上の価格変動がおこり、結果として利益も損失もFXより大きな額へとなります。

 このため、CFDは場合によってはFX以上のリスクを持つと捉えられ、しっかりとしたリスク管理ができる投資家ではないと、あっというまに証券口座に預けた資金が枯渇する恐れもあります。
 FX経験者や株式投資の経験が多い投資家の方向けですが、投資としての醍醐味溢れる商品でもあり、気になる方はぜひCFDで株価指数を売買してみてはいかがでしょうか?
 ちなみに、CFDはネット証券の一部で取り扱っています。
参考URL:http://www.netsec.jp/

Copyright (C) 2007-2013 サイト名. All Rights Reserved.